邦楽の友メールマガジン

邦楽専門無料メールマガジン

第707号 2016年3月11日

2016年3月11日

メルマガ

第707号 2016年3月11日 はコメントを受け付けていません。


┏━┳━┳━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆邦┃楽┃の┃友┃メールマガジン     ◆2016年3月11日第707号◆
┗━┻━┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■芸術選奨文部科学大臣賞に中川善雄師。
■水野好子先生逝く。
また一人邦楽界は偉大な指導者を喪った。

・・・‥‥…━━━━━━━━┃内┃容┃!┃━━━━━━━━………・・・
★おたすけ社鳥の話「一億総ブログ社会」(目次の1)
★芸術選奨文部科学大臣賞・【訃報】水野好子史・
煌♪Classics 第3回コンサート・三曲歌ざんまい・
第十四回はなやぐらの会(目次の2)
★3月12日より3月27日までの演奏会(目次の3)
★「3月号目次704号」「NHK705号」(目次の4)
★邦楽の友社 社告・広告一覧(目次の5)
月刊「邦楽の友」誌 お申し込みは <mailto:info@hougaku.co.jp> へ。
年間購読(12ヶ月)9800円(送料当社負担)
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
【端唄水葵登喜葉の会】
3月26日(土)12時開演 無料 三越劇場
「二上り新内(うつぼ猿)」「有明」「浜町河岸」「縮緬浴衣」ほか。
水葵登喜葉、水葵玄葉、杵屋裕光、登喜葉社中。
定例の登喜葉一門会だが今回は二代目披露会になる。
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━邦楽の友社が送るメールマガジンです♪━━━━━━□■□
バックナンバー◆<http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html>
中止される場合は <Mailto:mag@hougaku.co.jp> までご連絡をお願いします。
このメールは、Windowsをお使いの方はMSゴシック、Macintoshを
お使いの方はOsaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
1「おたすけ社鳥の邦楽ここだけの話」(693)
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
一億総ブログ社会
(株)邦楽の友社 社長 守谷幸則
「声なき声を聞け」と言ったのは岸信介首相だったか。
安保反対に沸き返る国会前のデモに対して
沈黙している大衆こそ支持者であると表現した。
騒いでいるのはごく一部、多くは味方。
そういう見解が通った時代であった。

近年はかなり様相が違っている。
誰もが沈黙してはいない。
安倍晋三首相が提唱している一億総活躍社会ならぬ
一億総ブログ社会である。
匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」
子供を預ける保育園がなければ
母親は仕事に出られない。
「私活躍できない」その通り。

匿名であるから胡散臭い、信用出来ないとする。
「実際に起こっているのか確認しようがない。
これ以上、議論しようがない」と安倍首相。
しかし殆どの国民は現実を知っている。
何処の誰に訴えても願いが通らないことを。
誰もその責任を取ってくれないことを。

匿名であろうがなかろうがその訴求力は強い。
「日本死ね!!!」という悲痛な叫びに
政治は応えられるのだろうか。

……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
2「リアルタイム情報」新着情報 並びに「投稿」ページ
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【ニュース・投稿 募集】
邦楽の友メールマガジンでは邦楽ニュースを募集しています。
冠婚葬祭、ちょっとした時事ネタなど、なんでもどうぞ。
Mailto:mag@hougaku.co.jp(35文字5行以内でお願い致します。)
……………………………………………………………………………………………
【平成27年度(第66回)芸術選奨文部科学大臣賞】
中川善雄(邦楽囃子笛方「中川善雄笛の会」の成果)
[受賞理由]
中川善雄氏の活躍の場は,演奏会,舞踊公演,歌舞伎公演などの
多岐にわたり,レパートリーも古典曲から現代曲に及ぶ。
平成27年の「中川善雄 笛の会」では,古典曲と自作曲を取り上げて,
笛の魅力と可能性を圧倒的な技量とともに披露した。
氏の演奏の特徴は,ほかの奏者との絶妙なバランスを保ちながら
合奏に溶け込む柔軟性と,作品の曲調を最大限に生かす豊かな表現力にある。
「囃子(はやし)」は,何かを引き立てるという意味の「栄(は)やす」と
語源を同じくするが,正にその境地を具現する人物である。

藤間蘭黄(日本舞踊家バレエ・日本舞踊夢の響宴「出会い」ほかの成果)
[授賞理由]
「バレエ・日本舞踊 夢の響宴「出会い―Встреча―」」は,
ファルフ・ルジマトフ氏と岩田守弘氏の文字通りの「響宴」による
「信長―NOBUNAGA―」がメーンの企画で,
藤間蘭黄氏は作・演出・振付(岩田氏と共作)及び実演と,
八面六臂(ぴ)の活躍でよく舞台成果を上げた。
この公演の第1部での清元「山帰り」は古典の名作だが,
祖母藤子氏の名演にも匹敵する秀逸な舞台であった。
また,このほかの公演での「七騎落(しちきおち)」の源義経や
「身替座禅」の奥方玉の井,日本舞踊協会公演の清元「幻椀久」等の舞台でも
光彩を放っていた。

【平成27年度(第66回)芸術選奨新人賞】
成田達志(能楽師 幸流小鼓方「烏頭」と「姨捨」ほかの成果」
[授賞理由]
成田達志氏は,卓抜な技量と清新な感性を併せ持つ,
志の高い小鼓役者である。平成27年は,殊に「烏頭(うとう)」
「姨捨(おばすて)」の舞台上演において,彩りのある表現力で
卓越した芸域を見せた。
能に用いられる打楽器の中で最も優しい音色を持つ小鼓は,
作品の情感を規定する重要な役であるが,
氏は幸(こう)流人間国宝であった故曽和博朗氏の芸の粋を継承し,
これを見事開花させており,今後の芸の深化も大いに期待される。
旺盛な探求心,能の発展普及への情熱によって囃子方仲間と共に
立ち上げた「TTR能プロジェクト」は,能の可能性を開くものであり,
併せて評価に値する。

山村光(日本舞踊家「山村光リサイタル」ほかの成果)
[受賞理由]
「山村光リサイタル」は東京,京都,大阪の三都で開催され,
東京では地唄「お江戸十二月」,京都では地唄「都十二月」,
大阪では地唄「浪花(なにわ)十二月」を中心に舞った。
つまりそれぞれの土地の年中行事を描いた曲をその地で舞うという,
誰も成し得なかった卓抜な企画であった。
内容も充実しており「お江戸十二月」では江戸の芸者のように粋に,
軽快に舞い,「都十二月」では祇園(ぎおん)祭などの様子を
上品に華やかに舞った。「浪花(なにわ)十二月」では,
明るくのどかな大坂の暮らしや風俗が,生き生きと浮かび上がった。
また東西名流舞踊鑑賞会で地唄の名曲「ゆき」を舞い,
雪の夜の孤独な女の追憶と心情を,
上方の風情をもって嫋々と表現。傑出した成果を上げた。
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/2016030902.html
……………………………………………………………………………………………
【訃報】水野好子史
2月25日、病気療養中のところ死去。91歳。
正派邦楽会大師範水野雅楽蓉。
また水野音楽事務所を運営、邦楽プロデューサーとして著名を博した。
密葬儀は近親者にて済ませた。
本葬儀告別式は3月11日(金)午後1時より3時まで。
賢崇寺(港区元麻布1-2-12)にて執り行われる。
喪主は水野重信氏。
……………………………………………………………………………………………
【煌♪Classics 第3回コンサート】
『和楽器 DE クラシック?世界の春をめぐる』
2016年3月28日(月)
18:30開場 19:00開演
ティアラこうとう 小ホール
入場料 2,800円

ヴィヴァルディ/『四季』より「春」?はるうらら Op.8 RV.269
メンデルスゾーン/『無言歌集』より「春の歌」 Op.62-2
シュトラウス2世/春の声 Op.410
春の慶び?日本の春メドレー
シュトラウス2世/美しく青きドナウ Op.314 春の声 Op.410
チャイコフスキー/『くるみ割り人形』より「花のワルツ」 Op.71
ピアソラ/ブエノスアイレスの春、秋

<メンバー>
石田 真奈美(十七絃)鈴木 麻衣(箏)山水 美樹(箏・十七絃)
簑田 弘大(三味線)友常 毘山(尺八)松岡 幸紀(尺八)
金澤 裕比子(笙)大野 理津(編曲)古瀬 裕一(編曲)
関口 孝明(編曲)
<客演指揮>和田 一樹
<主催>和楽団 煌
<問い合わせ>
090-9319-5502(大野)
wagakudan@gmail.com
http://wagakudan.hotcom-web.com/wordpress/
……………………………………………………………………………………………
【第17回 三曲歌ざんまい】
2016年4月10日(日)10時30分開演 入場無料 日本橋公会堂(日本橋劇場)
<出演>
箏・三絃 小野真由美/齋藤春美/古前好子/塚本徳/山下かず枝
尺八 善養寺惠介/石垣征山
囃子 加藤俊彦/梅屋喜三郎/河内孝子/関口佳代子
舞 まつ乃家あづき/吉村ゆかり/サーミヤ
詳細はこちら http://www.shamisen.info/16utazanmai/pro.html
……………………………………………………………………………………………
【女流義太夫『第十四回はなやぐらの会』】
今年もまた人間国宝・竹本駒之助お師匠様の胸をおかりして、
4月10日(日)13時より紀尾井小ホールにて開催いたします。
演目は『加賀見山旧錦絵』長局の段です。
学生の頃、文楽で竹本越路大夫お師匠様と鶴澤清治お師匠様の
舞台を拝聴し、大感激したことを思い出しますが、
まさかこの大曲を自分がつとめる日が来るとは
考えもしませんでした。
今回、鶴澤清介師匠のアドバイスを受け
駒之助お師匠様に相談したところご快諾を得て、
未熟ながら勉強させて頂くことになりました。
御年八十を迎えられますます輝きを増しておいでの、
駒之助お師匠様の至芸の語りをどうぞご堪能くださいませ。
演奏前のお話は、前回に引き続き作家の橋本治さんです。
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
3「今週のおすすめ演奏会情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
♪───────────┐
│演奏会に行きませんか?│
♪───────────♪
「メール」でいただければ無料掲載いたします。
(35文字4行以内でお願い致します。)<Mailto:mag@hougaku.co.jp>
状況により中止、延期の場合がありますので確認の上お出かけ下さい。
……………………………………………………………………………………………
3月12日(土)長唄演奏会「道」
2時開演 3000円 紀尾井小ホール
日吉小三八、日吉小間蔵、日吉小八郎、日吉小乃、
日吉小都女、日吉小都音、他。(唄)
日吉小暎、日吉小静、日吉小左都 他(三味線)
[賛助]稀音家祐介、杵屋弥宏次、稀音家一郎。
「官女」「調松風」「上・下十二段」「酒」「熊野」
……………………………………………………………………………………………
3月12日(土)春日会ワークショップ 第6回 小唄体験教室
1時?3時 千円 一般財団法人春日会2F ホール
唄と三味線コース。講師・春日とよ五凜。
http://kasugakai.jp/event/2016/20160312_workshop_bosyuu.html
……………………………………………………………………………………………
3月13日(日)都一桜の会
12時開演 5,000円(定員70名様)赤坂浅田
御食事付きプラン 演奏会+御食事 14,000円(定員25名様)
(13:30頃終了予定 御食事付プランは15:30頃終了予定)
……………………………………………………………………………………………
3月13日(日)関東学生三曲連盟卒業演奏会
2時開演 無料 滝野川会館大ホール
「旅人考」より14番を演奏する。
……………………………………………………………………………………………
3月13日(日)沢井箏曲院樽本里美研究室箏曲演奏会vol・10
1時開演 1500円 電気文化会館ザ・コンサートホール
沢井一恵・加藤条山・加藤奏山・稲垣好恵・戸田弘子・大平知世・鈴木純子
樽本里美・沢井箏曲院樽本里美研究室。
独奏十七弦と箏群のための「焔」〈沢井忠夫・藤原道山尺八手付〉・
いとたけ〈沢井忠夫〉・光る海〈沢井忠夫〉・
天翔るきらめき〈沢井比河流〉・箏と十七弦のためのデュオ〈清水脩〉・
箏のためのアラベスク〈吉岡孝悦〉他
……………………………………………………………………………………………
3月13日(日)奥村旭翠とびわの会
11時開演 無料 国立文楽小ホール
……………………………………………………………………………………………
3月14日(月)第55回正派音楽院卒業演奏会
第1回別科修了演奏会
6時開演 ルーテル市ケ谷センターホール
「蒼生第一番」箏(別科)東洋子。「波斯」尺八(別科)樋口景子。
「十七弦小組曲」十七弦(別科)前田祐子。
「末の契」「神仙調舞曲」「壱越」箏、三弦・鳥光沙耶香。
(助演)尺八・渡辺紅山。
……………………………………………………………………………………………
3月21日(月・休)第39回端唄根岸会
1時開演 無料 入間市産業文化センター
開幕は社中全員の「お江戸日本橋」と「木遣りくずし」合唱合奏で始まる。
続いて叙情歌メドレー合奏「さくら」「荒城の月」「ちょうちょ」
懐かしい「通りゃんせ」。そしておなじみの唄から「梅は咲いたか」
「夜ざくら」「初雪」「米山甚句」「文弥くずし」など二十一番。
再び三味線合奏三番。まずはフレッシュな大学生四名による新世代合奏として
「博多どんたく」「ギッチョンチョン」次は有志による俗曲メドレー
「黒田節」「祇園小唄」「十日町小唄」「長崎ぶらぶら節」。
名取一同の合唱と合奏は、「蝶々」と「月琴節」。
お待ちかねの立って歌うコーナーは、「柳橋から」「あげ潮」など六番。
名取演目は「松づくし」を禮香。以後の名取それぞれ代表曲は、
「正調博多」禮翠。「茶つみ」禮寿。「かっぽれ」禮成。
ここで家元の禮は藤本秀禎・秀統両先生の三味線で二曲
「浜町河岸」「磯節かっぱ」を歌う。続いて「春雨」禮楼。「心でとめて」禮兵。
「書き送る」を禮章。明治の唄「とめても帰る」禮枝。「淀の川瀬」禮隆。
「玉川」「初音聞かせて」二曲を禮龍。トリは「天竜下れば」と
家元根岸禮作詞作曲「山と川のある町」を副家元禮知が歌う。
終演十七時予定。賛助出演は藤本秀禎・藤本秀統。
……………………………………………………………………………………………
3月24日(木)五代目杵屋勘五郎追善百年祭  記念祝賀長唄演奏会
1時半開演 5000円 紀尾井小ホール
杵屋響泉(三味線)杵屋喜三郎(唄)杵屋寒玉(三味線)
福原洋子(笛)杵屋六響(唄)
「新曲浦島」「春秋」「多摩川」「楠公」
……………………………………………………………………………………………
3月26日(土)宮下伸箏・三十絃作品演奏会
2時開演 5000円 紀尾井小ホール
宮下 伸(箏・三十絃)高橋明邦(打楽器)箏曲宮下社幹部。
「二面の三十絃と打楽器のための組曲」箏独奏曲「海のまほろば」
「ジャパネスク響」「空と海と」「華やぎ」「春東」「時雨の曲」
……………………………………………………………………………………………
3月26日(土)端唄水葵登喜葉の会
12時開演 無料 三越劇場
「二上り新内(うつぼ猿)」「有明」「浜町河岸」「縮緬浴衣」ほか。
水葵登喜葉、水葵玄葉、杵屋裕光、登喜葉社中。
定例の登喜葉一門会だが今回は二代目披露会になる。
……………………………………………………………………………………………
3月26日 小唄三田会 交詢社
……………………………………………………………………………………………
3月26日(土)第65回杵勝会関西定期公演
七世杵屋勝三郎七回忌追善
12時開演 5000円 国立文楽劇場
……………………………………………………………………………………………
3月26日(土)長唄喜代嘉の会
11時開演 無料 国立文楽小ホール
……………………………………………………………………………………………
3月27日(日)新内節 第9回若手伝承者研修育成発表会
2時開演 2000円 紀尾井小ホール
鶴賀若狭掾、岡本宮之助、鶴賀伊勢吉、
新内剛士、富士松菊子、新内志賀(浄瑠璃)
新内仲三郎、富士松菊三郎、新内勝一朗、
鶴賀喜代寿郎、鶴賀伊勢一郎、新内勝志壽(三味線)他。
新内節古典曲。
……………………………………………………………………………………………
3月27日(日)清元志寿郎 三越劇場
……………………………………………………………………………………………
3月27日(日)オペラ×文楽様式「ビゼー/歌劇《カルメン》」
4時開演 2500円 すみだトリフォニーホール
竹本駒之助・鶴澤三寿々・渡邊史他
……………………………………………………………………………………………
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃メ┃-┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃★ ┣━┳━┳━┳━┳━┓
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┫広┃告┃募┃集┃中┃
┗━┻━┻━┻━┻━┛
邦楽の友社発行の邦楽の友メールマガジンでは広告を募集しています。
詳しくは<http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_koukoku.html>
……………………………………………………………………………………………
■唄って踊って町おこし、松戸小うた・坂川小うた■
■松戸小うた連、活躍中■

「松戸小うた」「坂川小うた」は松戸市観光協会の推奨品です。
中條京子の踊りのグループ「松戸小うた連」参加者を募集中。
お問合せ先 「中條京子音楽事務所」
千葉県松戸市栄町西3丁目1134の8 電話・FAX 047-368-4339
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
4「3月号のご案内704号」「NHK3月705号」
<http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html>
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
5「邦楽の友社 社告一覧」お問合せは<Mailto:mag@hougaku.co.jp>
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
★ 「邦楽の友レーベル」からCDを発売しませんか。ご相談承ります。★
< http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html>
CD邦楽の友レーベル既刊1~16【1「うたふ」粋有芙、2「SHIN」
宮下伸、3「端唄で遊ぶ」粋有芙、4「飛躍のとき」花季利恵、5「松戸
小うた」中條京子、6「新内の世界」富士松鶴千代、7「リュウの記憶」
宮下伸、8「古典の景色」山木七重、9「水晶の音」遠藤千晶、10「坂川
小うた」中條京子、11「風の盆に魅せられて」蓼胡珠己、12「江戸
小曲六歌仙」、13「古典のしおり」小野正志、14「聖なる息吹」外山香、
15「古典のしおり2」小野正志、16「祈り・縁・絆」小野正志、
17「古典のしおり3」小野正志。】
お問い合わせ 03・5451・3068(企画部中村)
……………………………………………………………………………………………
★お稽古場案内に参加しませんか★
< http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=keiko>
初年度13000円 翌年から管理費1年3000円
……………………………………………………………………………………………
★ ホームページを造りませんか★【10万円】
<mailto:nakamura@hougaku.co.jp>
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「名流端唄会」★
平成28年5月23日(月)三越劇場
……………………………………………………………………………………………
★小唄鶴亀会★
平成29年2月27日(月)三越劇場
……………………………………………………………………………………………
記載された内容は予告することなく変更することがあります。
本メールに掲載された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。
ご意見・ご要望など、下記までご連絡下さい。
編集:守谷幸則 <Mailto:mag@hougaku.co.jp>
発行:株式会社邦楽の友社
〒156-0053 世田谷区桜3-26-2
TEL:03-5451-3068
FAX:03-5451-3069
邦楽の友社公式サイト <http://www.hougaku.co.jp/


バックナンバー