新内千歳派家元富士松鶴千代

六代山勢松韻(箏曲)Yamase Shouin the 6th, Soukyoku

幼時より、姉・五代山勢松韻(現・山勢崇華)に師事。
東京芸術大学音楽学部卒業(芸術学士)。
同大専攻科および大学院修了(芸術修士)。中能島欣一、清元志寿太夫、矢木敬二、杵屋正邦の各師に師事。NHK邦楽技能者育成会第一期修了。平成12年1月1日六代山勢松韻襲名。 昭和61年度、昭和62年度、 平成元年度にそれぞれ文化庁芸術祭賞受賞。平成8年度文化庁芸術選奨文部大臣賞。平成10年度4月紫綬褒章。平成13年7月重要無形文化財保持者に認定される。平成14年6月日本芸術院賞。 昭和39年9月〜40年9月USA University of Washington Visiting Instructor。昭和45年度より東京芸術大学講師。平成元年より東京芸術大学客員教授(平成12年定年退官)。お茶の水女子大学付属高等学校箏曲部講師。三輪田学園中学校・高等学校箏曲部講師。TOYOTA自動車株式会社箏曲部講師。社団法人日本三曲協会理事(昭和60年〜平成2年)。同協会常任理事(平成3年〜)山田流箏曲協会理事(昭和59年〜)山勢松韻会会長を務める。 放送では、昭和58年4月〜59年3月NHK教育テレビ〈箏のおけいこ〉講師。 昭和61年7月〜平成元年1月文化庁青少年芸術劇場公演に参加。 自主公演を、昭和60年からほぼ毎年国立小劇場、紀尾井ホールなどで開催。また海外でもサンフランシスコをはじめ北米各地、韓国、オーストラリア、中国において演奏を行っている。

 

 

 

このページをはじめに開いた方は、ここをクリックしてください。邦楽の友レーベルホームページ新着情報に戻ります。