新内千歳派家元富士松鶴千代
Copyright(C)2002 hougaku no tomo. All rights reserved
 

プロフィール
1964年 東京芸術大学卒業。在学中、安宅賞受賞。
NHK邦楽育成会第9期首席修了。NHK「全国今年のホープ」に選ばれる。
'68年 第1回芸術選奨文部大臣新人賞受賞。
'73年 「宮下伸 箏・三十絃リサイタル」の演奏、作曲により文部大臣より芸術祭大賞を受賞。
'75年 以来、各国招待・外務省派遣の文化特使としてウィーンをはじめ世界各国で公演。
'76年 文化庁の依頼により日本各地を縦断演奏。
'81年 NHK委嘱「響の宴」の作曲により、文部大臣より芸術祭賞受賞。
'85年 日中友好箏曲団団長として上海、杭州にて公演。
'95年 NHK開局70周年記念コンサートに自作「海流にのって」が選ばれる。
文化庁芸術祭50回記念に文化庁に作品を委嘱される。
'96年 芸道40周年記念「宮下伸箏曲演奏会」開催。
音楽之友社の主催により「箏とピアノのための“水琴抄”」出版記念リサイタル。
'97年 演奏、作曲、教育の功績により松尾芸能賞・優秀賞を受く。
2000年4月 高崎市制100周年委嘱、宮下伸作曲「箏とオーケストラのための祝楽“煌”」を記念演奏。
11月 外務相派遣の文化特使としてメキシコ、グァテマラ、コスタリカ、パナマで公演。
'01年9月 芸道45周年記念「宮下伸 箏・三十絃 作品コンサート」開催。
11月 第16回国民文化祭の依頼で自作「箏とピアノのための“水琴抄”」を特別演奏。
現在、箏・三十絃演奏家、作曲家、レコードもヴァイオリニストのフデチェックやフルートのゴールウェイ、シタールのシャンカルとの共演など、邦楽という一つのジャンルにとらわれることなく国際活動を行っている。
堀越学園特別教授。高崎芸術短期大学学科長。

邦楽の友レーベルよりCD〈SHIN 宮下伸箏曲傑作集
hougaku-2)(リュウの記憶・hougaku-7)をリリース、好評を得ている。

Copyright(C)2002 hougaku no tomo. All rights reserved

 

 

 

 

このページをはじめに開いた方は、ここをクリックしてください。邦楽の友レーベルホームページ新着情報に戻ります。